銀行カードローン

MENU

銀行カードローンなら初めてでも安心

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどさまざまな金融機関があるので、「キャッシングを始めたいけれど、どこで借りればいいのかわからない」というかた多くのかたがおられます。
そんなときはキャッシングをどう使うのか、目的を決めて探すと、思い通りのキャッシング会社を見つけられます。

 

「目的別で金融機関をしぼる」

消費者金融や信販会社、銀行などさまざまな金融機関が小口融資に参入しているので、初めて利用したいかたが迷うのは当然といえます。
数あるキャッシング会社の中からどこを選べばよいのかということですが、たとえばすぐにお金を用意しなければならないというときは、消費者金融系なら申込をしたその日でもお金が借りられる即日融資でお金が借りられます。
「今すぐというわけではないので、どうせ借りるなら金利が低いところを利用したい」といった場合は銀行カードローンになります。
このように、ざっくりとした目的でもよいので、利用方法を決めてさがせば期待通りの金融会社が見つけやすくなります。

 

「もっとも重要なことは返済が続けられるかということ」

キャッシングは簡単な申込で手軽にお金が借りられます。
しかし、忘れてはならないのが、キャッシングを続けていると、お金を借りているという意識が薄れ「借りたらなんとかなる」といった安易な気持ちで借りてしまうこともあります。

 

安易な考えで、必要以上のお金を借りてしまうと返済が続けられなくなることにもなります。
「どれくらいまで借りられるか」というより「どれくらいまでなら返済できるのか」ということを知っておくことが大切です。
申込をする前に「返済シミュレーション」などを大いに利用し、無理のない返済ができる範囲内で利用することが重要になります。

 

「安心安全の銀行カードローン」

キャッシングを利用したいと思っている初心者のかたは、数多くあるキャッシング会社の中でも、銀行カードローンがおすすめです。
消費者金融の大手消費者金融や正規の消費者金融なら安心ですが、安全性から考えるとやはり銀行でお金を借りるという安心感や、信頼感があります。

 

銀行カードローンの中にも審査が通りやすいところや厳しいところがあります。インターネット上にあるキャッシングサイトには銀行カードローンの口コミなども数多くあるので、まずはそこで調べて申込をしてみましょう。
仮に銀行カードローンで借りられなかった場合は選択範囲を大手消費者金融まで広げれば、お金が借りられないという心配はなくなるでしょう。

この記事を読まれた方は下記記事も読まれています。

カードローン比較完全マニュアル|失敗しないカードローンの選び方とは?

銀行カードローンを比較する

最近は銀行も主力商品としてカードローンを扱っている銀行も増えています。大手銀行だけでなく、都市銀行や地方銀行、信用金庫でもカードローンを扱うようになっているので自分に適したカードローンが選べます。

 

カードローンを申込むときは、何に重点を置くかで申込先が変わってきます。
「低金利で利用したい」「今日明日中にお金を借りたい」というように目的を持ってさがせば案外簡単に申込先が絞られてきます。
カードローンの比較をするときは、もちろん金利の比較も大事ですが、金利以外にも比較しておくこともあります。

 

「金利を比較する」

銀行カードローンのメリットは、何と言っても安い金利で利用できることで、銀行はそれぞれが独自の基準金利を決めているので、大手消費者金融のようにほとんど同じということはありません。
たとえば

銀行名 カードローン 年利率 融資限度額
住信SIBネット銀行 Mr.カードローンプレミアムコース   1,99%〜7,99% 1000万円
イオン銀行 イオン銀カードローンBIG 3,8%〜13,8% 800万円
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 4,0%〜14,0% 1000万円
楽天銀行 楽天銀行カードローン 4,9%〜14,5% 500万円
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 3.0%〜17,8% 800万円

 

一部低金利の銀行カードローンを表にしてみました。
金利はそれぞれの銀行で違いがありますが、金利の比較をするときは借入金額によって違ってきます。
たとえば、住信SBI銀行の上限金利7,99%ははじめてキャッシングを利用するときや、借入金額が低い場合に適用されるので、初回の申込時はこの金利が適用されます。
オリックス銀行カードローンの下限金利は3,0%と低くなっています。
これは高額融資になるほど金利が低くなるので、下限金利で比較しなければなりません。
こうして比較をしてみると、初回申込時や低額で借入するときは住信SBIネット銀行がおすすめですが、高額融資になるとオリックス銀行カードローンがおすすめと言えます。

 

ただ、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなると言われています。
口コミなどの情報を利用して、審査に通りやすい銀行カードローンを選びましょう。

 

「比較ポイントは無駄な経費がかからないこと」

このように、銀行カードローンが利用できれば低金利でお金が借りられます。
しかし、忘れてはならないのが、提携ATMからカードを使って借入や返済をする場合で、提携ATMを使うと利用手数料が必要になる場合があります。
利用手数料は1万円以下なら108円、1位万円以上になると216円の手数料が必要で、銀行ATMなどの営業時間外になると、これ以上の手数料を支払うことになります。

 

提携ATMが手数料無料で利用できるところを選ぶのもポイントになります。
毎月216円の返済手数料を支払うと1年間で約2,600円の手数料を支払うことになり、この金額は10万円借りた場合の金利を単純計算すると年利2,6%になります。
こういった手数料を支払うということは目に見えない金利を支払っているのと同じことになるので、比較対象に提携ATMが無料で利用できるかもポイントになります。